心つもりローン

人気記事ランキング

ホーム > 妊活サプリ > 厚生労働省が推奨するように妊娠初期の期間とは?

厚生労働省が推奨するように妊娠初期の期間とは?

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。

 

それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。

 

胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも大丈夫です。

 

とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。

 

葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。

 

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

 

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いとされています。

 

効率的な摂取のタイミングは、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

 

食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時での摂取はおススメしません。

 

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。

 

妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

 

葉酸の摂取で、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるそうです。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをオススメしたいです。

 

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

 

効果的な不妊サプリメント!男性におすすめ!